信頼と個性のソニー銀行

ソニー銀行を便利に使おう

得か損か?新銀行東京

東京発金融改革を目指して

京都銀行はどんな銀行

京都銀行の商品とサービス

地域を潤す中国銀行

地元で愛されている中国銀行

はまぎん(横浜銀行)ってどんな銀行?

全国一の規模を誇る地方銀行、はまぎん

信頼と個性ある銀行のピックアップ

得か損か?新銀行東京

新銀行東京の金利

新銀行東京の個人の客にとっての最大のメリットと言えるのが、何といっても金利が高いという事でしょう。個人向けの自由金利型定期預金というスーパー定期を見てみますと、1年満期で0.10%、2年満期で0.20%、3年満期で0.25%となっています。


ネットバンキングや地方銀行のネットバンキングのように、そこまで驚愕の金利とまではいきませんが、ネットではなくて店舗のある銀行での金利としては1年満期で0.10%というのはなかなかの高金利ではないでしょうか。


また新銀行東京では時々キャンペーンを行っており、直近で行っていた冬のキャンペーンでは、1年満期で0.30%、2年満期で0.32%、3年満期で0.35%という提示でした。ここまで来るともう本当にネットバンキングの金利並みにうれしい利率ですので、もし新銀行東京の口座を持っている人ならば是非定期預金した方が良いでしょう。


とはいってもやはり赤字経営が続いているというニュースを見ていると、新銀行東京に定期預金なんて大丈夫なのかしらと思うのも当然かもしれません。新銀行東京が破たんを迎える日が来てしまうのかという不安は付きまといますが、新銀行東京にもペイオフの制度はありますので、そこをうまく使っていけばいいのです。


ペイオフの制度は1000万円までの預金とその利息分は、銀行が破たんしても補償されるというものなので、本当に心配な人は1000万円までに抑えて預金しておけば一先ずは安心でしょう。


新銀行東京ではインターネットバンキングもやっており、電話にて申し込みが出来ます。もちろんインターネットバンキングからでも定期預金が出来ます。普通インターネットバンキングはネット上で申し込みが出来る中、電話でというのがちょっと面倒な所ではありますが、申し込みしておけば便利に使えそうです。